建売住宅の購入を検討するなら、ここは絶対にチェックするべき!

不動産業者の説明を鵜呑みにするのは危険です。

取り交わしておくべき書類の種類

売買契約前に必ず重要事項説明が行われます。これは重要事項説明書として事前にコピーを請求し隅々まで読み込み、疑問点があれば納得いくまで説明を求めましょう。

備考欄、特記事項欄はその物件固有の重要事項です。パンフレットの触れ込みと違う点などがないか等をチェックが必要です。

契約書も事前にコピーを取り寄せ熟読しておきます。支払いとそのタイミングは当然として、万一、住宅ローンの審査が通らなかった時のために無条件で契約を解除でき違約金不要で手付金も戻ってくる住宅ローン特約の有無は非常に大事な項目です。不明点は残らず質問、解決しておきましょう。

建築確認済証、中間検査合格証、完成検査合格証ももらい、契約書通で相違ない事をチェックします。

メーカー保証、瑕疵担保責任についての証書は印鑑が押されているかまで確認して下さい。また、ユーザー登録をすると保証延長、リコール情報などがもらえるので登録しておきましょう

物件を探し始める時に気をつける事

大手企業の社員でも担当者が必ず誠意ある人とは限りません。ノルマを課されている一人の会社員ですから成績を達成させるために不都合な点などの情報を後回しにして営業を掛けてくる人もいるのです。

「こんな優良物件は他にはない」「すぐに契約しないと売れてしまう」などと、とにかく契約を急がせようとする担当者の言葉は信用しない方がいいでしょう。

大抵の場合、売上が欲しいか売主から売り逃して値引き物件にしないように言われていると思って下さい。

不動産業者も仲介手数料が売上になる仕事です。建売物件にも売主が直接販売している物件というものがあるのを教えてくれる業者はごく少数でしょう。

大手建設業者が宅地開発し建売住宅を売りに出している場合、不動産業者に販売を委託しているけれど、直接販売もしている事があります。

売主から直接購入すると提示金額だけの支払いで済みます。その物件が直接購入できるものかを確認してみましょう。