建売住宅の購入を検討するなら、ここは絶対にチェックするべき!

建売の新築一戸建てを買うときに気を付けておきたいポイント

おすすめリンク

鶴見区で駅に近い新築一戸建て

駅からも近くて商業施設もある新築一戸建てを鶴見区で購入!家族が増えても住みやすい家で良かったです。

建売住宅のデメリットについての知識なしの購入は失敗の元です。

災害が起きた時には地盤が堅固であるか、建物の耐震強度はどうなのかが重大な問題となります。 せっかく購入した我が家を失わないよう、なるべく綿密に調査しておきたいですね。自分でできるチェック意外にも、専門家に依頼して保証してもらう方法もあります。できれば併用する事をお勧めします。

土地の安全性、建物に欠陥はないかを下調べしておきましょう。

マイホームは人生最大の買い物で金額もとても大きいので少しでも出費を抑えたいと思うのは当然です。その点において建売住宅は個人で土地を探して家を建てるよりも安くつきますからお財布事情的に有難いですね。

ただ、どうしても覚悟をしておかなければいけないデメリットもあります。そこを納得した上で購入しないと、こんなはずではなかったと後悔してしまいます。

建売住宅の短所といわれる最大のものは建築中の状態を見られない事です。注文住宅の場合は建築材に問題はないか、工事は適切に行われているかなどの様子を何度も見学しに行って確認できるのに対し、建売住宅は既に建築が終了していますからそういった点について不透明なのは致し方ありません。

建築を担当したのが高評価を受けている会社であっても、その宅地に建設する家を同時並行して工事を進めている関係上、施工管理者の目が十分に届いていると断定できないところがあります。

自分の好みを反映したデザインにはなりませんから完璧ではなく近い感じのものを選択する事になります。住んでみないと分からない使い勝手の善し悪しがある程度は改善できる範囲ならば問題は小さい方だと割り切りましょう。

アフターサービスの内容も注文住宅ほど手厚くはありませんので、必要不可欠な手入れが抜けていないかを業者から説明してもらっておくのも大切です。

建築に手抜かりがないかを調査する方法はあるけれど不具合の全てを調べられる訳ではない、住み心地を思い通りには改修できないのが建売住宅なのだと心得てから購入を検討しましょう。

周囲は住みやすい環境でしょうか。

家に住み始めたら町内会などでのご近所付き合いは避けて通れません。多少の難はどうしてもありますが概ね良好に付き合える人たちでしょうか。 また、体に不自由を感じるようになった時に交通網は整備されているか、店が近くにあるかは大きな問題となります。 高齢になった後の生活の事も加味して環境を考えておくべきです。

不動産業者の説明を鵜呑みにするのは危険です。

不動産業者は家を売るビジネスをしているのです。如何に良い物件であるかを訴える事に力を置いて話します。 良くない点は自分からはほとんど話しません。これは意図して隠しているのではありませんから、こちらから尋ねなければならないのです。 難点に関する情報は必ず聞き出しておかなければなりません。